ティミソアラってどこ?

正しくは”ティミショアラ”でした。

私達がティミショアラに来たのは、彼の息子がここでスケートボードのイベントに参加していたから。同じ時期にヨーロッパにいて、ここで会うのがお互いの都合に合っていたから。

何の情報もないままに、地獄のような列車移動を経て到着。

サウナのような列車から消耗しきった体でのろりと降りた途端、手を差し出す子供連れの母親にお金をせびられて、一瞬にしてものすごく不愉快になりました。

鉄筋むき出しの駅構内でスーツケースは引けない、18キロのスーツケースを持ち上げながら薄暗いどんよりした駅を通り抜けて、トラム乗り場へ。

なんか気味が悪い駅周辺。埃っぽいし、朽ち果てた感100%。

周りにいる人もなんとなく質の悪そうな感じがする。Tシャツとかよれよれで小汚い人とかいるし、トラムもの車体も古いし落書きも結構ひどい。

(後から駅は改装中だったことが判明、3週間後に行ったらフロアーはきれいになっていました、落書きはアテネやイタリアほどではないです)

こんな風に第一印象は最悪の最悪、ほんとに最悪でした。私自身の状態も悪かったせいだと思うのですが。

でも次の日から4週間、私達はとても有意義な時間を過ごし、ティミショアラが大好きになってまた絶対戻ってくると、むしろ可能なら移住しようか、くらいまで話合っていました。すごい変わりようです。

ティミショアラはルーマニアの西側に位置する人口の3番目に大きな街、”バラの街”とか、”大学の街”と呼ばれたりもしています。

バラは時期じゃなかったのかあまり見られず終いでしたが、でも大学はほんとに至る所にあります。(同じ大学の学部校舎だったりもしますが) 特に医学系のビルが多いような気がしました。実際はIT系もとても盛んなようです。

決して大きな街とは言えないけど、その割には公園がたくさんあります。内陸なのでビーチはないけど、ホリデーで過ごすには本当にいい街です。

少しずつですが大好きなティミショアラについて、このブログで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください